ふたごのママになるなんて!

双子を妊娠し、戸惑いながらの妊婦生活・入院・出産・育児の様子をリアルにお送りします。また、出産費用や育児にかかる金額も報告します。

プロフィール

う~たん

Author:う~たん
私:う~たん
夫:ゆっき~
長女:ひなた
双子A
双子B

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア



Google


『ふたごのママになるなんて!』(ID:0000186887) 読者登録解除フォーム。
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
病院の帰り道、夫に知らせようか少し迷った事を
憶えています。しかし、いずれは知らせないといけないし、
今日病院に行っている事も知っているのに・・・。

出がけの会話に、
夫「双子じゃないといいよな。」
私「まさか~。」
と冗談交じりに話していました。

そしてケータイから気乗りしないまま夫に電話しました。

私「私だけど病院に行ってきた。」
夫「うん、どうだった。」
私「できてたよ。」
夫「ふ~ん。」
私「双子だった・・・。」
夫「・・・・えっ、何?。」
私「双子だって・・・。二卵性・・・。」
夫「・・・・・・・・・・・・・・・。」

一卵性は、そっくりな双子でひとつの袋に2匹入っていて、
二卵性は、普通のきょうだい程度には顔が似ているが、
ふたつの袋にそれぞれ入っていること。

遺伝ではなく200組に一人くらいででき、
その月にたまたま私が卵子を2つ作っていたこと。
その二日後に2個目が受精したので大きさが違うこと。

今は不妊治療等の薬で双子は多くなってきているので、
先生もよくある事の様に紹介状を書くからなどと、
面倒な妊婦を送り出すことに安堵している様子だったこと。

・・・・etc

をたった今説明を受けたとおり話して聞かせました。

夫「・・・・帰ってから話そ・・・。」

私も夫も複雑な心境で電話を切りました。

----- つづく -----
スポンサーサイト
2006/03/02 23:55|妊娠編TB:0CM:2

コメント

こんにちは
紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!
モロゾフスキー #-|2006/03/03(金) 23:26 [ 編集 ]

はじめまして

色んなドラマがあるのですねv-206
深美 #-|2006/03/03(金) 03:08 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://futamama.blog53.fc2.com/tb.php/5-12ec1ba1

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

FC2 Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ふたごのママになるなんて! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。