ふたごのママになるなんて!

双子を妊娠し、戸惑いながらの妊婦生活・入院・出産・育児の様子をリアルにお送りします。また、出産費用や育児にかかる金額も報告します。

プロフィール

う~たん

Author:う~たん
私:う~たん
夫:ゆっき~
長女:ひなた
双子A
双子B

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア



Google


『ふたごのママになるなんて!』(ID:0000186887) 読者登録解除フォーム。
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
一度出産経験のある私は、先生の質問に淡々と答えていきました。
最終月経や何日周期・・・・etc。
以前の妊娠経歴を話し出すと先生のペンが止まり。
「Sさん、ウチでは産めないよ。」と言われました。
「どうしてですか?」
「ウチは私一人でやってるもんで、問題のある妊婦はココで産ませてあげられないんだよ。 ウチは健康な妊婦専門なんだよ~。」と信じられない言葉が・・・。

前の妊娠では切迫流産で1回、妊娠中毒症で2回、計3回の入院と20キロ近い体重増加をしていました。

この病院と決めていた私は、他の病院は考えられませんでした。
住んでいる所に近い病院はどれも古い個人病院ばかり・・・。
実家に帰って産むにも、上に子供がいる為、検診の度に帰るのも
むずかしかったのです。

「産ませてくださいよ~。前は働きながらの妊婦生活でストレスや
不規則な生活だったからです。」と、一生懸命言い訳をならべました。

先生も仕方なく、「問題がでた時点で転医しよう。」と、渋々引き受けてくれました。

「じゃあ診察するから、3番の部屋に入って。」と言われ、
私の妊婦生活はこうして始まったのです。

--- つづく ---


スポンサーサイト
2006/02/23 00:11|妊娠編TB:0CM:1

コメント


見に来てくださったんですね。コメントありがとうございました。よかったらお暇な時はわたしの過去の記事も読んでやってください。これからもよろしくおねがいしますね。コメントってやっぱり励みになります。あなたも頑張ってください。わたしもこちらにお邪魔します。
バツイチ女のひとり言 #-|2006/02/25(土) 01:00 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://futamama.blog53.fc2.com/tb.php/3-bb388157

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

FC2 Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ふたごのママになるなんて! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。