ふたごのママになるなんて!

双子を妊娠し、戸惑いながらの妊婦生活・入院・出産・育児の様子をリアルにお送りします。また、出産費用や育児にかかる金額も報告します。

プロフィール

う~たん

Author:う~たん
私:う~たん
夫:ゆっき~
長女:ひなた
双子A
双子B

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

フリーエリア



Google


『ふたごのママになるなんて!』(ID:0000186887) 読者登録解除フォーム。
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
友達より先に言うのが本当かもしれませんが、
普通の妊娠の様に手放しで喜べず、又、
おろす事になったら母にはなぜか知られたくないと思い
ズルズルと言わずにいました。


ちょうど上の子を産み実家にいた時、母の知人宅にも
子供が誕生し、しかも双子らしく、興味本位で見に行ったことが
ありました。


その双子は華奢なママの中で窮屈だったのか、一人は頭がへこみ、
もう一人が出っ張っていて、その部分が合わさるような頭の形でした。


実際妊婦姿を見ていませんが、このママに二人の赤ちゃんが入っていたなんて信じられませんでした。


帰る途中母は、「Mちゃん(双子ママ)、本当に疲れていたね。
双子は大変だわ~。37週まで入院し、自然分娩だったらしいよ。」
と言ってました。
その時私は「3週間も早く産んだんだ~。ふ~ん。」
と双子出産という事をそっちのけで、そんな事を言ってました。


その当時は、それがどれだけスゴイ事か私にはわかりませんでした。
双子をなめていたのです。
(37週なんて双子出産のエリートです。普通は
そこまで耐えられない・・・)


母はぼそりと「ウチは双子じゃなくてよかった・・・。」と言いました。
孫が一気に増えるのは喜ばしいが、私の里帰りにウンザリしていたん
だと思います。
なぜなら、夫が上の子が生まれてすぐ、中国へ長期出張に出掛け、
それから約1年間は、母と私と赤ちゃんの3人暮らしだったからです。


病院で教わった今の育児法と母の昔の育児法に違いがあり、
しょっちゅう母と衝突していました。
せっかく手伝ってくれているのに・・・。
寝不足のイライラをぶつけていました。


あれから3年、今の私の頭によぎるのは、
「双子じゃなくて良かった・・・。」という母の言葉です。


----- つづく -----
スポンサーサイト
2006/03/21 00:21|妊娠編TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://futamama.blog53.fc2.com/tb.php/9-e98fe89f

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

FC2 Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 ふたごのママになるなんて! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。